虫歯以外の痛み

象牙質知覚過敏症

口の中の痛みは、虫歯だけに限られたものではありません。

 

 

 

虫歯以外の理由でもはがいたくなる事はあります。
はがいたいからといって虫歯だけと言う思い込みはあまり良くありません。

 

 

 

歯医者さんに行けば大概の場合は判断がつくかと思いますが、
中には自己申告しないといまいちハッキリしない理由もあります。

 

 

 

虫歯以外で多い痛みでは、歯ブラシの刺激や、
冷たいものもしくは温かい物でも起こってしまう知覚過敏です。

 

 

正確には象牙質知覚過敏症といいます。

 

 

 

象牙細管と言う間を通じて歯髄に刺激が伝わり、それを痛みにつなげるのです。

 

 

 

歯の磨き方、歯周病、その他の時などによって歯茎が下がってしまい、
象牙質が現れることによって引き起こされます。

 

 

 

また、酸性の食物によって歯のエナメル質が溶けてしまう酸蝕歯も知覚過敏の原因となります。
その他、

  • 歯髄炎
  • 根尖病変
  • 破折
  • 咬合性外傷
などがあります。

 

 

またこういった部分とは関係のない内臓の痛みなどからくる痛みも存在します。
肩こりや頭痛から連動して引き起こされる痛みも存在します。

 

 

 

精神的な問題から痛みを引き起こしてしまうことも多いとされています。
虫歯がないからといって、痛むはずはないと我慢してしまうことがよくありません。

 

 

 

何かしらの原因がありそのサインとしての痛みがあると言うことを知っておきましょう。

 

 

【覚本嘉美】インプラント指導医歯科医院(小山市)/a>