インプラント治療後

腫れる

インプラント治療が終わった後、一定の期間は歯肉や頬が腫れることになります。
ほとんどの場合1週間ほどで元の状態に戻るでしょう。

 

 

治療後の痛みについてはかなりの個人差があるとされます。
ほとんど痛みを伴わない場合が多いのですが、痛みを感じてしまうという方もいらっしゃいます。

 

 

痛みが酷い場合は痛み止めを要することになります。
しかしながら治療後数日間は抗生剤や炎症を抑えるための薬をのことにもなります。

 

 

2回目の治療までの期間は、上顎で3ヶ月、下顎で2ヶ月ほどあることになります。

 

 

この期間に骨の自由が進むことにより、インプラントとの結合が固定されて行きます。

 

この期間中は、一定条件の骨の質や量のクオリティーを満たすことができれば、
仮歯を入れることも可能です。日常生活に問題が出る事は少ないでしょう。

 

 

Abutmentを取り付けるために切り開いた歯肉の状態が落ち着いてきたら、型どり行います。
次に顎の噛み合わせの位置どりを行います。上と下の顎の関係や噛み合わせも含めて口の中の状態を出来る限り精密に再現します。

 

この過程を経て最終的に出来上がるはの形に近い金属の土台をabutmentに到着してみて、
問題ないようだったら、実際に口につけてみることになります。

 

 

このメタルフレームにセラミックなど焼きつけてインプラントの顔作ることになります。

 

 

こうして新しい葉実際に使用することによって、神はその状態を調整していきます。
数週間の間状態を確認しつつ、噛み合わせが悪いためにインプラントの歯が脱落してしまったり、
土台に問題が発生しないかを調べることになります。

 

 

噛み合わせが悪い時は、歯を削って調整することにもなります。
すべての土台に緩みがなく、問題箇所がないと確認されたら銀の歯を装着してゆきます。

 

 

【覚本嘉美】インプラント指導医の歯科医院(栃木県小山市)はこちら

【歯の最新ニュース!!】

完全に予測外の売れ行きです!

ついに!

虫歯菌(ミュータンス菌)を除菌できる歯みがき完成!!


>>>虫歯菌除去専用デンタルケア『ブリアン』・特別キャンペーンページはこちらで御覧ください。