インプラントを長持ちさせる方法

メンテナンス

インプラントの治療自体は被せ物を入れて完了します。その後検診がスタートします。
インプラントがきちんと機能しているか、噛み合わせや歯茎の状態といったことを視察してきます。

 

 

ほとんどの場合定期検診では1ヵ月後、3ヶ月後にインプラントの状態を見ることになります。
それ以降は半年に1回から2回のペースで検診行うことになります。

 

 

インプラントの自分で行うメンテナンスとしては、一番大切なのが歯磨きにあります。
できれば毎食後にきちんと磨きをして、プラークコントロールする必要が出てきます。

 

 

インプラントであっても歯槽膿漏と同じような症状を起こすことが考えられます。
インプラントをしっかりと長持ちさせるためにはご自身での口の中の管理がとても重要になってきます。

 

 

インプラントは管理状態が良くれば、一生使い続けることが可能です。
インプラントであるからといってさなかに行ってしまうと、
天然のはと同じように歯肉とあの間に思考が溜まってしまい歯周病を引き起こしてしまいます。

 

 

毎日の歯磨きは重要ですが、定期検査はとても重要になります。
歯科衛生士による口の中の清掃を受けることができるからです。

 

 

やはり毎日のブラッシングだけではいまいち落とし切れない汚れもあるので
専門的なクリニックが定期的にあると良いでしょう。

 

 

日常的に特別なケアが必要になるわけではありません。
歯科衛生士の指導に従って正しい歯磨きを毎日きちんと続ければ良いだけです。

 

 

インプラント長持ちさせるためには、
治療後にしっかりとケアを行い定期的な検査を受けることが基本になります。

 

 

【覚本嘉美】インプラント指導医の歯科医院(栃木県小山市)はこちら

【歯の最新ニュース!!】

完全に予測外の売れ行きです!

ついに!

虫歯菌(ミュータンス菌)を除菌できる歯みがき完成!!


>>>虫歯菌除去専用デンタルケア『ブリアン』・特別キャンペーンページはこちらで御覧ください。