インプラント治療医療費控除対象

保険は適用されない

インプラント治療の場合、保険が適用される事は無いので自費治療となります。

 

かぶせる人工の歯については1本約10万位から条件としては20万以上になるものもあります。
総合的な金額は本数によってや、前歯なのか、奥歯7日によっても大きく異なってきます。

 

 

保険は適用されないということになりますので、どうしても高額な治療費になる事は避けられません。

 

デンタルローンを利用することも可能な場合もあるので相談してみることも良いでしょう。

 

 

インプラントは医療費控除の対象となります。

 

 

これは意外と知られていない方が多いかと思います。
医療費控除は、1年間に医療機関に支払った医療費の合計金額が10万円を超えている部分について、
医療費が税金の還付、軽減の対象となる制度になります。

 

 

1年間の間に、インプラント以外でも自費治療で支払った医療費も対象になります。
医療費控除金額は支払った医療費の額から保険金等で補填された額を引いて、さらにそこから10万を引いた額になります。

 

 

医療費控除の計算方法としては、医療費の合計金額から10万円を引いて、
そこに所得税率をかけることで算出することができます。

 

 

インプラント治療を受けた本人の医療費のほか、配偶者や親族の医療費も生まれます。

 

 

医療費の領収書などは確定申告に添付することになるので、
しっかりと保管しておくことが重要です。

 

 

また病院までの交通費も控除対象となります。
車で通っていた場合などでは控除の対象とはなりませんが、
公共の交通機関を利用した場合などには含まれることになります。

 

 

【覚本嘉美】インプラント指導医の歯科医院(栃木県小山市)はこちら

【歯の最新ニュース!!】

完全に予測外の売れ行きです!

ついに!

虫歯菌(ミュータンス菌)を除菌できる歯みがき完成!!


>>>虫歯菌除去専用デンタルケア『ブリアン』・特別キャンペーンページはこちらで御覧ください。